共創カウンセリングとは…

わたしたちはひきこもり・不登校回復・予防のため、研究と数多くの実践を重ねて、共創カウンセリングという技法を開発しました。この技法は従来型のカウンセリングと違い、慶応大学名誉教授・小松隆二博士等の創設した公益学という社会学と融合した未来創造型療法が特徴です。クライアント(悩みを持って相談に来られた方)に「無意識の意識化」「無計画の計画化」を意識的に探求・発見してもらい、自己の未来像を創造していくことや、意識を社会や他人へ強く移していくことにより、従来の自分を超えることで回復をめざします。その上で、クライアントや家族を初めとする関係者で励まし合い・結びつき合い・分かち合いをより良く、段階的、計画的に進めるという共創パワーで回復に導きます。つまり、悩める方と関わりも持つ方々が連携して、過去にこだわるのではなく、その方の新しい未来、新しい自分を創っていこうという考え方を基本に据えているということです。
本協会の認定施術者を共創カウンセラー、子どもカウンセラーと呼びます。(現時点の取得者累計、共創カウンセラー指導講師1名、共創カウンセラー1級14名、共創カウンセラー2級34名、子ども5名)

Posted in 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing